Sep 5, 2016

Houdini : POP | Bubble Burst





仕事でシャボン玉が破裂する表現を求められたのでHoudiniで対応。

 [.hip file - c24_05.hip] in preoaration.






①POP

POP Source : Source / Scale Point Cont by Area

Surfaceモード時に放出をジオメトリのスケールによってコントロールできるように。Reference Areaの数値によって感度を調整できるっぽい。


POP Group : GroupName n

   ingroup = @age > 0.9;


POP Wrangle : nグループを指定

   v@v = 0;         //nグループに送られたパーティクルが停止する。

   v@v = @v * 0.8;   //nグループに送られたパーティクルがスローダウン。


②FLIP from particle or scatter

  DOP内でFLIPをパーティクル、スキャッターから発生させる手法。



sourcevolume1, flipobject1, fipsolver1の設定をそれぞれ変更。設定の癖が少し強い。

InitializeをSource FLIPに設定


まずSouce Volume: Paricle Operation Tab のSource Particleにチェックを入れる。
新しくLifeを設定。Life Expectancy, Life Varianceに任意の数値入力。


SOP To DOP Bindings : Source Volume, Add To Field共に Surface と入力


Flip Object :  Particle Separation, Particle Radius Scaleを設定。
ここでかなりハマる。この設定によって後々のVDBに変換したときのディティールの違いが生まれる。ここは慣れが必要な気がした。Radius Scale をあまり小さくしないようにする。
計算したのちに@pscaleの値をAttributeWrangleで調整することもできる。

Input Type : Particle Fieldに設定


Flip Solver : Age Particles, Reap Particlesをチェック
こうすることで、Source Volumeで設定したLifeを適用できる。












No comments:

Post a Comment